読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

@アイランドメンバー紹介(伊藤)

@アイランドメンバー紹介

@アイランドの個性溢れるメンバーをご紹介。

 

まずは@アイランド代表、

「いとーまん」こと

八丈島出身の伊藤。

f:id:atisland:20151115194954j:plain

写真の通り、目はほぼありません。感覚で生きています。

視界は狭いけど、視野は広く生きたいと思っています。笑

 

八丈島出身と言いましても、実は親の仕事の都合で、

伊豆大島小笠原諸島父島→八丈島と島流し生活をおくってきました。

この経験は、僕を「しまで生きる」道に走らせた主要因でしょう。

 

僕は大学進学で神奈川へ出てきて、

中・高校の保健体育科の教員になろうと、

部活(キックボクシング)と勉学に真面目(?)に取り組んできました。

卒業が迫り就職活動となった時、何故保健体育教員になりたいのかを自分に問いただしました。

この期間はかなり悩み、チャリで大阪まで行ったり、逆立ちをしたり、色々苦悶しました。

そうこうしてある時、

「やっぱり島で島の教育活動をしたい!」

とようやく吹っ切れました。

本当はとっくに気が付いていたのかもしれないのですが、それを決めてしまうのが怖かったのかと。

決めてからは、島での島教育には自然教育は欠かせないし自分も興味があるということで、そういう仕事を探していたら、横浜YMCAに出会いました。

今にいたるまで横浜YMCAの野外教育施設の職員として働かせていただいています。

野外炊事、シーカヤック、宿泊管理、主催のキャンプなど、まさにやりたいことを学べているし、組織としてもの歴史も持ち、全国でよりよい社会のために活動をしていて、勉強になることが非常に多いです。

 

兎にも角にも、僕は島で生きると決めました!

やったります。

島での生き方を開拓します。

「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所であるために」

どうぞよろしくお願いいたします。

f:id:atisland:20151115232044j:plain

伊藤(いとーまん)