一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

今、災害を考える

宮城県南三陸町に来ています。

f:id:atisland:20151129062701j:plain

 

2011年3月11日。

その日僕は小笠原諸島父島にいました。

大学の春休みを使って1ヶ月間土木会社で働かせてもらっていて、

その日の現場は海岸で、

普段では考えられないくらいのスピードで湾の水が引いていきました。

東北からは2000km近く離れた離島でも、

ものすごい事が起きているという実感がありました。

 

東北の復興に直接的に取り組んだのは1度だけ。

その時に地元の方に言われました。

「手伝いに来てくれるのも嬉しいけど、今回の教訓を踏まえて直接震災を体験していない人が、もしまた大きな災害が起こった時に、命を守ることを学んでほしい」

 

僕は思いました。

僕の活動エリアは東京の島々。

島も四方を海に囲まれているし、火山もあるし、台風もよく来る。

それらの災害にどう備えるか。

そこを子どもも含めた地域全体で考えていきたい。

島の防災に関わることが、

東日本大震災で亡くなった方への、僕のできること。

 

防災に関する専門的な知識や技術はないけれど、

少しずつ、取り組んでいきたい。

奇しくも最初にチャレンジするのは三宅島

2000年に全島避難規模の噴火を経験し、4年半の避難生活をおくっています。

小学4年生のという多感な時期に噴火を経験し、

慣れない都内での避難生活をおくった語部が、

@アイランドのメンバーには4人います。

少しずつ、その経験をこのブログでも共有してもらいたいと思っています。

f:id:atisland:20151129062709j:plain

伊藤(いとーまん)