一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

個性を武器に

日本には有人の離島が418島ある。

その中の、僕らは東京の島々で活動をしていく。

東京には有人島が11島あるが、

島国ニッポンからすると、ほんの一握りに過ぎない。

僕らが育ってきた東京の島々だけでも、

知る限りそれぞれに個性がある。

f:id:atisland:20151205000431j:plain

ある島には現在進行形の火山があるし、

ある島には白砂のビーチが広がる。

ある島には温泉があるし、

ある島ではサーフィンができる。

ある島の若者は方言を喋るし、

ある島の若者はウィンドサーフィンを授業で行う。

 

僕らは他の島の同世代の友達を多く持つが、

島ごとに人にもなんとなく雰囲気が違って面白い。

f:id:atisland:20151205000553j:plain

どこの地域にももちろん個性はあるだろうけど、

360度海に囲まれた離島だからこそ、

その個性が善くも悪くも色濃い

 

島がこれからも続いていくためには、

離島という環境を言い訳にするのではなく、

「個性を武器」に転換していかなければならない。

だからこそ、島には島外の新鮮な視点も必要

島外の彼らは、住民が悪い部分だと思っていることを、

「とても素晴らしいものだ」と言うかもしれない。

その新鮮な見方を、活かすも殺すも住民次第。

伝統や文化・自然を大切にしつつ、

島が続いていくために必要だということは取り入れていく。

そのためには、島の現状を的確にとらえている必要がある。

だからこそ、この時期に移住して島人に戻ることを決意したのである。

 

僕(伊藤)に関してはJターン(八丈島→神奈川→三宅島)という絶妙なポジション。

どんな立ち位置になっていくのか。。。

乞うご期待!

 

伊藤(いとーまん)