読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

『Win-Win』

小言 @アイランドについて

「Win-Win」

なんか軽くて嘘くさい言葉だな〜って思っていました。

 

でも事業を起こす上で、

これってとっても大切だと最近思います。

何かと何かを繋ぐことで、双方に価値が生まれる。

取引でも、お互いにメリットがないと、その関係は長く続かない。

 

現代社会において0から新しいことを創りだすのはとっても難しい。

今求められている力は、

「既存物×既存物=新たな価値」

という発想のハイブリット力」

この考え方を大学時代の尊敬する教育学の教授に教わりました。

それが「しまの寺子屋×地域密着型ゲストハウス」というモデルに繋がっています。

 

そして繋ぐことで発揮する爆発力を信じているので、

僕らは、島と日本、そして世界の繋ぎ手を目指したい。

ある意味閉鎖的な「島」という環境に、

本土や世界と繋げるコーディネーターがいることで、地域はいい意味で変わっていく。

でも僕らはあくまで島人なので、

繋ぐことによって島にとってマイナスになることならば、

断ることもしていく。

「Win-Win」でないならば、断る勇気を持って活動していきたい。

いつも「Win-Win」なんてハッピーなことは絶対ない。

 

っていうビックマウスをたたくからには、

島を知らなきゃいけないし、

日本を知らなきゃいけないし、

世界を知らなければいけない。

 

宣言をして、自分を追い込むタイプです。笑

 

ちなみにこれは島と外を繋ぐ時の話で、

地域の中には、直接的なメリットにならなくても大切なことがいっぱいある。

「おじいちゃんおばあちゃんと話したって何のメリットもない」

「こどもと遊んだってくだらない」

「運動会に参加しても疲れるだけじゃないか」

「祭りってめんどくさい」

違うよね。

f:id:atisland:20151219182041j:plain

 

伊藤(いとーまん)