一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

青ヶ島ガイダンスin Tokyo

青ヶ島

東京から約360km。伊豆諸島の最南端に位置し、人口は約160人と日本一小さな村。
 
実は、
@アイランドとして活動していこうと決めてから、1番最初に旅に行った島でした。
その意味で、とても思い入れのある島です。
 
今回は、
青ヶ島ガイダンスinTokyo』
というイベントに穴原と参加してきました。
f:id:atisland:20160203095225j:image
主催されていたのは、
荒井智史さんと、荒井康太さん。
青ヶ島出身のご兄弟で、それぞれ『青ヶ島出身』ということを誇りに精力的に活動をされている方々です。
前々から一方的には知っていたのですが、今回繋がることができて嬉しかったです。
 
荒井さん兄弟は実は、
6月に青ヶ島に行った時、
おにぎりやお菓子やコーヒーをいただいたり、店番をさせていただいたりと、
色々お世話になった商店のおばちゃんの息子さん方でした。
そんな繋がりもたまらないですね。
f:id:atisland:20160203101601j:image
【商店でおにぎりやお菓子をいただいた時】
 
今回のガイダンスは、
ただのスライドショーにおさまらず、
青ヶ島還住太鼓や民謡を取り入れながら、
終始楽しい雰囲気のイベントとなりました。
f:id:atisland:20160203105607j:image
【回し太鼓でちゃっかり叩いちゃいました※全くできないのだけれども】
 
 
その中で、
青ヶ島は、230年前に噴火を機に八丈島へと全島避難しており、
それから多くの努力のもと50年の時を経て青ヶ島へと帰郷する『還住』の歴史に触れました。
 
今回聞けたのは、ほんの一部に過ぎないと思うのだけれども、
還住への努力はものすごいものであったことが想像でき、胸が熱くなりました。
そして、1番関りが深い八丈島に住んでいたにも関わらず、
島にいた高校生までの間にそのことを全く知らなかったのは、
本当にもったいないなぁと思います。
 
今後は、
伊豆諸島、小笠原諸島の若者が
『楽しさ』で繋がって、
互いに学び合い、教え合い、繋がり、
互いに支え合い高め合える環境を目指したいと思います。
 
 
【6月の青ヶ島旅photo】
f:id:atisland:20160203103613j:image

f:id:atisland:20160203103628j:image

f:id:atisland:20160203103650j:image

f:id:atisland:20160203103701j:image

f:id:atisland:20160203103713j:image

f:id:atisland:20160203103725j:image

f:id:atisland:20160203103815j:image

f:id:atisland:20160203103835j:image

f:id:atisland:20160203103845j:image
人物写真ばっかで申し訳ないです笑
 
 
また絶対行きます。
 
伊藤(いとーまん)