読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

物件について

11月から約4ヶ月間契約に向けて進めていた物件。
土地、歴史、キャパどれをとっても理想的だと感じて契約を目指してきましたが、
成約はなりませんでした。
管理人、土地、そして物件の三者が関わっており当初から難航が予想されました。

先日やっと物件所有者との直談判までたどり着きましたが、
結果、難しいとのことでした。
物理的なことというよりは、
心理的な要因であったので、
立ち入る余地がありませんでした。
完敗です。
でもとても良い方で、
僕らの活動への賛同はいただくことができました。

その物件での構想を勝手に膨らませていたので、
ズーンと落ち込みましたが、
1時間ほど落ちこんだあたりから、
ワクワク感が沸き上がってきました。笑
物件の改修には1千万円ほどかかる想定でした。
つまり多額の借金を背負ってのスタート予定だったのですが、
身軽になりました。
翼がはえました。
機動性が上がります。

最初はソフト(中身)としてできることがたくさんあると思っています。
動きが多少変わっても、
『島がこれからも生命と笑顔の溢れる場所として続いていくために』
この活動理念は変わりません。

地域教育のプラットホームとして、
寺子屋ゲストハウスというモデルにチャレンジしたいことも変わりません。
引き続き、物件探しもがんばります!
ただ、宣言していた2016年夏の寺子屋ゲストハウスオープンは少し時期がずれ込む予想です。

宿としては整えられなくても、
僕らは4月から三宅島に移住しますし、
島での『人と自然と繋がる』体験を提供していきたいと思っています。
引き続き応援いただけると嬉しいです。
いつでも遊びに来てください(^^)


島で仕事を創ることの難しさを身をもって経験しています。
しかしいつか振り返った時に、
島でチャレンジしたい若者への道ができていると信じて、ガンバリマス!
具体的な動きに関してはまた!
f:id:atisland:20160219092506j:image

伊藤(いとーまん)