読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

旅立ちの日に何想ふ

@アイランドについて
4月になりましたね。
今日は、
@アイランドの伊藤と穴原が、
三宅島へと本格的に旅立つ日。

今までに何回も三宅島へは足を運んだけど、
今回は少し気分が違います。

期待と不安。

僕らがつながった伊豆諸島ドリームプロジェクトから、約8年。

島のために仕事をしたいと再集合してから、1年。

この1年は、
会議をしたり、
いろんな島行ったり、
いろんな方々に相談させていただいたり、
とにかく動き回ってきました。

当然だけども、
「動いたものにこそ、良い縁は待っている。」
痛感しています。
動けばいいというものではないけれど、
動かねば何も始りません。
出会いが出会いを産み、面白くなってきました。

仕事をしながら、学業をこなしながら、
私費を投じて動き回るのは、
辛い部分もあったけれど、
動いていなければ、ここまで来れていないと思います。

さぁ出航です。

こっからが本当のスタートです!
f:id:atisland:20160401232234j:image

@アイランドは、
『しまの寺子屋』×『島暮らしゲストハウス』
のモデルをまず目指して動きますが、
現在、宿をやれる物件は見つかっていません。

まずは自宅兼事務所を活用し、
『東京諸島の情報館』
『しまの寺子屋
『ローカル島案内所』
『島暮らし体験キャンプ』
などをしていく方向です。


僕(伊藤)は八丈島出身だけど、
三宅島から見れば部外者。
まずは挨拶からはじめます。

今日はエイプリルフールだけど、
嘘だけはつかないと心に決めています。
地域でシゴトを創るということは、
決して独善的では成り立たないということ。
でもそれは何にでもyesと言うことではないということ。
信念を持ち柔軟に取りくみます。


さぁ~
頑張りますか~!
これからも応援よろしくお願いします!

f:id:atisland:20160401230658j:image
【希望の鐘@三宅島


伊藤(いとーまん)