読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

『GWプレプレ島暮らし体験in三宅島』活動レポート最終回

島暮らし体験

2日目の夜には、島人交流BBQを島感舎で行いました。

地元の漁師の方や漁協の方なども来てくださったり、

島に帰ってきている同級生たちやその子どもたちも加わり、

とっても賑やかな夜になりました!

BBQも用意されたものではなく、みんなで協力して創り上げました。

f:id:atisland:20160518140308j:plain

差し入れでいただいた金目鯛。高級魚です。

f:id:atisland:20160518140352j:plain

みんなで乾杯!

 

と楽しくやっていますが、

実は2日目の夕方には、翌日の帰る船が来ないことが決定しています。

早めて帰るという手段もありましたが、延泊をみなさん選びました。

勇者です!

 

そして最終日だったはずの3日目には、天候が崩れていたので、

みんなでボルダリングへ!

安全講習を受講して、

f:id:atisland:20160518141524j:plain

それぞれチャレンジ!

f:id:atisland:20160518141416j:plain

 

その後は、晴れて来きたので、釜方海岸へビーチコーミングへ。

f:id:atisland:20160518141901j:plain

低気圧の通過後なので、漂着物も多めでした!

 

そしてそしてこの日、5月4日は、

アットアイランドの核メンバー山田拓海くんのバースデー。

島の同級生も集まり、サプライズバースデー!

f:id:atisland:20160518142358j:plain

おめでとう!26歳!

更なる飛躍に期待です。

 

そしてみんなでゴロゴロしながら、

三宅島の2000年噴火を舞台にした、

『ロック〜わんこの島』

を鑑賞しながら夜が更けました。

 

そして翌朝、

朝5時の船に乗る八丈島組と、

三宅島残留組に別れて解散しました。

f:id:atisland:20160518143840j:plain

三池港の朝日と橘丸の前でお別れ。

 

長いような短いような3日間。

参加したメンバーからは、

「また絶対来る!」

「帰ってこれる場所ができた。」

などなどありがたい声を多くいただくことができました。

 

景色を見て「綺麗だった」で終わる観光ではなく、

『島をあなたの心のふるさとに』

してほしいと願い、これからも活動していきたいです。

 

By いとーまん