一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

『地方の公教育のこれからREPAINT!vo1』に参加して

『地方の公教育のこれからREPAINT!vol.1』

というイベントに参加してきました。
 
島根県をメインに、教育分野での魅力的な活動されている、
ファウンディング・ベースさん×藤岡慎二さんの激アツセッション。
 
藤岡さんの島根県隠岐諸島でのお話しは、
で読んで大枠は知ってはいたのですが、
生でお話しをきけて、スッと入ってくるものがありました。
「地方、とりわけ離島地域は社会重要課題の最先端。
人口減少、少子高齢化等々。
この状況をどう持続可能にしていくことができるか。
この前代未聞の窮地でこそ、本当のリーダーは創出できるはず。
地域課題を教材に。」と藤岡さん。
 
高学歴、多くの資格、有名企業、お金持ち。
そんなことに固執しない『自分』という価値観、価値軸を備えたリーダー。
僕らがまず目指していきたいし、これからを担う子どもたちにもそうなってほしい。
そのフィールドは島がよい。
 
っていう風に話しは膨らむけども、
僕らが三宅島で事業を始めたことは、
言ってみたら『エゴ』
自分たちがやりたいからやっているだけ。
誰に強制されたものでもない。
むしろ強制されてたらやっていない。
『誰かのために』なんてきれいごと。

ただ、

僕らは想いをもって続けて、

それがいつか誰かの価値になったのならば、

結果としてそれは幸せなことだなぁ。

 

少し肩の荷が下りて楽になりました。
全国の地方で頑張っている人たちがいる。
そんな方々の話しを聞いて、繋がって。
この関係は、目には見えない財産かと。
大切にしていきたい。
 
ファウンディング・ベースの方々や他の参加者とも良い交流できました。
ファウンディング・ベースの方々、
魅力的で直感的に今後も関わっていきたいと思いました。
同世代の仲間っていいよな〜。刺激にもなるし。

f:id:atisland:20160626225223j:plain

By いとーまん