一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

島根レポート②~隠岐諸島~

11月9日から14日かけて島根県出雲市隠岐諸島の視察をしてきました。

島根レポート①に引き続き、第2弾は隠岐諸島視察の報告をしたいと思います。

隠岐諸島は本土から北方約50㎞に位置し、知夫里島、中ノ島、西ノ島(3島で「島前」と呼ぶ)と隠岐の島(島後)で構成されています。

隠岐諸島の行き方は、JR松江駅からバスで40分くらい走り、七類港もしくは境港まで行き、フェリーもしくは高速船で行きます。

 

1日目(11月12日)

出雲からまず、海士町のある中之島に向かう予定でした。時間きりきりで最終便の高速船に乗船!こっくりこっくり寝ていると、、1時間ほどで着いた着いたと思い、急いで降りると、、、あれ?

ここ、、、隠岐の島じゃん!!

f:id:koutaro9007:20161116182928p:plain

確認した時のやっちまった感と言ったら何とも言えません。。。(本当は左の島に行きたかった。。。)

 

港を見返したときには乗ってきた高速船は出航しており、隠岐の島宿泊決定。。。

急いで海士町観光協会に行けないことを連絡し、宿の予約も次の日に変更してもらい、、、隠岐の島観光協会の方に急きょ、当日空いている宿を探してもらいました。。。

 

突然のことでしたがしっかりとした対応をしてくださり歩いて行ける場所に空いている宿を見つけてくれました。

 

f:id:koutaro9007:20161116183044j:plain

お世話になった「竹の坊」さんの看板。とても風流。

 

「三宅島から来られたんですか!?」

女将さんにびっくりされた!どうやら女将さんの祖母が三宅島出身の方だったようで三宅島の話はよく聞いていたいとのことです。

 

ほうほう、こんなご縁もあるのだなーと思いながら、突然のため宿泊のため外食です。おかみさんのおすすめのお店にってきました!

 

こじんまりした小さなお店ですが、とても雰囲気良し!

一人飲みスタートしてすぐ!酔っぱらったおじさん登場!そのおじさん、松本さんと仲良くなり、次の日釣りに行くことを約束!『「隠岐は絵の島、花の島、磯にゃ波の花咲く里にゃ人情の花が咲く」って歌があるんだよ!連れていちゃる!』と言っていただきました!

f:id:koutaro9007:20161116184745j:plain

宿;竹の坊に歌の書かれている屏風がありました。

 

f:id:koutaro9007:20161116183242j:plain

のりのりで写真撮影!息子に送るんだとのこと笑(撮影:松本↑笑)

そして2件目、「スナックさくら」にも一緒に言っちゃいました!!

ここまできたら、間違えて隠岐の島に降りたことはとても良いことに変わっていました!

 

松本さんは酔っぱらいながらも隠岐の島の良いところ悪いところ、いろいろ語ってくれました。

隠岐諸島隠岐の国と呼ばれることもあります。それは明治維新の時に起きた隠岐騒動に起因するものだということ。当時実行支配していた松江藩に物申し、自分たちの島を考え行動した結果だと、出身者の方は一つの誇りとしてとらえているようでした。

 

 

2日目(11月13日)

隠岐の島はたくさんの入り江があり、周囲の距離がとても長くなっています。ちなみに隠岐の島は約90㎞。

隠岐の島にある水産高校に通う高校生とそのお父さんも同乗!入江で穏やかなところで船釣りを午前中行い、アジ、サバ、サワラ、カイワリ↓等々が釣れました!

f:id:koutaro9007:20161116184508j:plain

 

 十分に楽しませてもらい、慌ただしく中ノ島行のフェリーへ!

 

 

中ノ島到着!

1日ずれにもかかわらず、温かく迎えてくれた観光協会。。。あんど!大島で知り合った海士町観光協会の千葉さんとお昼ご飯に限定隠岐牛丼をいただきました!

 

午後はレンタサイクルで海士町周辺を散策。

隠岐神社、村上家資料館、後鳥羽院資料館、お土産屋さんでMTG中のお姉さま方の中に混ぜていただき、島同士トークに花咲かせました!

 

前日泊る予定だった宿、但馬屋さん。

夕食は、自分の畑の米や野菜、自分の網の魚を提供していただき、大満足。

f:id:koutaro9007:20161116185223j:plain

そして、女将さんによる海士町の民謡「キンニャモニャ」を披露してくださいました!サービス精神旺盛!

また、女将さんの娘さんたちが高校生の時、ちょうど海士町にある島前高校の「高校魅力化プロジェクト」が走り出していた時で、精力的に関わっていた女将さんの生のお話もゆっくり聞くことができました。

f:id:koutaro9007:20161116185303j:plain

 

 

3日目(11月14日)

隠岐諸島最終日!

この日は、もうちょっと中ノ島を散策してから西ノ島にわたることを目標としました。

が!歩けば歩くほど、面白い出会いがあり、2回も時間をずらしました!

 

f:id:koutaro9007:20161116185343j:plain

海士町からの指定管理で藻類から燃料を取り出す研究をしているとのこと!興味深し!

 

f:id:koutaro9007:20161116185610j:plain

海士町についた時から気になっていた「島のほけんしつ」。島にある植物等を活用しアロマセラピーなどを提供しているとのこと。「こうゆう島だから必要なの」。アイランダーにも出展されるそうです!

 

9時くらいに隣の島、西ノ島にわたる予定が気づけば12時になってしまいました。

隠岐の島で出会ったおっちゃん、松本さんに「俺の車あるから使っていいっとな!」と言われ、乗ろうとしたその時、松本さんも登場!!!ええ!?

仕事で来ているとのこと、仕事は5分で終わるからということで一緒に観光していただきました!!

そうそう、言い忘れていましたが、隠岐諸島世界ジオパーク認定を受けているところ。これまでジオ要素出してきませんでしたが、西ノ島で体感しました!

f:id:koutaro9007:20161116190328j:plain

んー写真だけではなかなか伝わらないですね!!すごい迫力でした!!

 

隠岐諸島の島前(どうぜん)の島全体が噴火口で、島々はその外輪山にあたり、玄武岩質(大島、三宅島の質)と真ん中に流紋岩質(新島、神津島)の二つが重なっておりとても興味深いところでした。

 

 

松本さんは最後まで見送っていただき、また会うことを約束し、さよならしました。

本当にありがとうございました!

f:id:koutaro9007:20161116190905j:plain

 

長い旅の終わりが近づいていることを感じ、たくさんのことを思い起こしました。

たくさんのご縁をいただき、学びをいただいた、島根の旅でした。

 

さあ、やると言ったことはやりましょう!!

 

 

by穴ちゃん