読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

『冬の寺子屋キャンプ』3日目報告

活動報告

『冬の寺子屋キャンプ』

無事終了し解散しました。

 

3日目を振り返りたいと思います。

f:id:atisland:20161229155357j:plain

【朝はやっぱり、2度寝さいこ〜!】

 

f:id:atisland:20161229155942j:plain

【キャンプ道具撤収作業】

 

f:id:atisland:20161229160140j:plain

【朝食卵焼き選手権】

f:id:atisland:20161229160310j:plain

【自分で作ると美味し〜たのし〜】

 

f:id:atisland:20161229160445j:plain

【宿題タイム〜。慣れてきて宿題をやるメリハリがついてきました◎】

 

f:id:atisland:20161229160809j:plain

【筋トレタイム〜。※自主トレーニングで強制はしていません。笑】

 

f:id:atisland:20161229161009j:plain

【「ごとうさん」にお絵描き。何を書いているのかな、、、?】

f:id:atisland:20161229161138j:plain

【確かに「しゅりゅうだん」っぽい。笑 まぁ、手で持てるサイズではないけど。】

 

f:id:atisland:20161229161337j:plain

【庭に天然の自然薯が生えているということで、掘ることに決定!】

f:id:atisland:20161229161539j:plain

【途中途中、折れてしまったけれど、トータル50cm程の自然薯掘りに成功!】

 

f:id:atisland:20161229161736j:plain

f:id:atisland:20161229161905j:plain

【最後のみんなでの食事は、天然自然薯とろろ&島野菜天ぷらそば!】

 

f:id:atisland:20161229161958j:plain

【あこリーダーが帰らなければならないので、お見送り!これもメンバーが希望して決めました。】

 

f:id:atisland:20161229162501j:plain

【掃除をして、ストーブの前で3日間の振り返り。】

 

f:id:atisland:20161229162253j:plain

【最後はこのキャンプ中に創ってずっと使っていた竹の皿・箸・コップに焼きペンでネーム入れて、お土産に。】

 

 

今回は3名と少なかったけれど、

3名だからこそできたこともたくさんありました。

 

解散前に振り返りをしました。

*漂着物で「ごとうさん」作成。

*食事の買い出し

*オリジナルホットサンド

*竹での食器作り

*コシキの穴探検

ダンボールピザ釜作成

*野外カマド、火起こし、ピザ・お好み焼き・竹ライス

*星空眺め

*自然薯掘り など

キャンプのこれまでを振り返ってみて、

自分たちで考えて決めたことばかりだということに気がつきます。

「やらされている人生」なんてつまらないと思います。

島感舎に「must」はありません。

これからも、子どもたちの「やりたい」を伸ばしていきたい。

でも、何かを決めるということには責任も伴うし、

何かを選ぶことで何かを捨てなければならないこともあります。

「やりたい」の次にある「どうやればできるか?」のステージまでを、

様々な体験を通して学んでもらえたら、

僕らはとても嬉しいという気持ちでやっています。

このプロセスはきっと、どんなことにも通用するから。

そしてその舞台は、島が良い。

 

嬉しかったことは、子どもたちやリーダーの中から、

「またやりたい!」「次は○○やりたい!」

という声が出てきたこと。

まだまだ僕らは何もできてないし小さいけれど、

想いを持って続けていきます!

 

こういった子どもたちへの関わりを続けていくためにも、

法人としての仕事をしっかり回していきたい。

仕事として成立していくことが、続いていくことに繋がるから。

 

いやほんと、楽しかったな〜。

3日間テントで寝るのも含めてずーっと一緒にいたから、

解散して今一人でパソコンと向き合って、

とても寂しいです。笑

 

次は、また春休みに寺子屋キャンプを企画したいと思います!

では。

 

By いと〜まん