一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

鹿児島市霧島視察

桜島を離れ、霧島へ移動。
まずは霧島市役所で、
霧島ジオパーク』について説明を受けました。
霧島も島と名が着きますが、
離島ではありません。
「霧島」の名前は山の周囲が霧の深い地域であることに由来し、
遠くから眺めた時にまるで霧の中に浮かぶ島のように見えたとする説があります。
f:id:atisland:20170126230058j:image

市街地を出発し、
えびの高原にある、
えびのエコミュージアムセンターへ。
今回ガイドを担当してくださった坂元幸一さんと合流。
快活で笑顔の素敵なガイドさんでした。
f:id:atisland:20170126230158j:image
本来は坂本龍馬が妻のおりょうと歩いたと言われる高千穂を登る予定でしたが、
積雪などの条件により断念。
残念ではあるが、
天候を予測し安全を守ることがなにより大切だと改めて実感。

今回のコースは、
白鳥山(1368m)の山頂を通り、
f:id:atisland:20170126232539j:image
白紫池と六観音御池を巡るトレッキングコースでした。
f:id:atisland:20170126232419j:image
【白紫池】
f:id:atisland:20170126232456j:image
六観音御池】
約3時間程で終る、初級コースでしたが、
普段慣れない雪道でのトレッキングでしたので、
適度な疲労感でした。

道中、野生動物との出会いもありました。
f:id:atisland:20170126233424j:image
お尻にハートマークの鹿。

20を越える火山が複雑積み重なった霧島の地形は、
歩いていくと植生なども様々で、
とても興味深いです。

ガイドの坂元さんのおかげもあって、
学びが深まりました。
f:id:atisland:20170126233734j:image

ガイドをするにあたって何よりも重要な、
『安全』という要素。
リスクマネジメントの部分を重点的に教えていただきました。

天候に恵まれ多くの学びを得ました。

これを三宅島に還元しなければ意味がらないので、
吸収して活かしていきます!
f:id:atisland:20170126234246j:image

Byいとーまん
f:id:atisland:20170126234335j:image
【西郷さんチョコといとーまん】