一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

『カタルシマ2018』開催報告

3年目となる『カタルシマ2018』
3月10日に無事開催できました。

f:id:atisland:20180312004718j:plain

 
 
1年目は法人も立ち上げていないし、
三宅島への移住もしていなかった。
想いだけぶら下げて、
とにかく宣言しました。
勇気をだして声に、言葉にしたことが
今に繋がっています。

f:id:atisland:20180311234841j:plain

 
2年目は、
起業して移住して、
がむしゃらに繋りを広げてきたことを報告。
『暮らし』をテーマに語り合いました。

f:id:atisland:20180311234858j:plain

 
そして今回3年目。
繋りをチカラに、そしてカタチに。
地道に貯めてきた信頼貯金を換金できて、
地元信用組合さんからの融資もきまり、
「三宅島ゲストハウス島家」
が世に生み出されました。

f:id:atisland:20180311235030j:plain

 
そんな今回は、
東京諸島に関わる人々が、
心に秘めてる
「ワクワク、モヤモヤ、夢、希望、志、悩み、壁」
を共有してみる。
そんな場を創りたくて、
10分間という短い時間だけども、
言葉にしてみる「カタルシマー」を設定。
年齢も、
立場も、
生まれも違う、
8名もの方々が、
それぞれの目線で語ってくれました。
 
【青沼宏樹】
~新島出身、青年海外協力隊としてのモルディブでの活動を終えて~
(キーワード)
青年海外協力隊、新島、モルディブ、教育、暮らし、生き方、アットアイランド

f:id:atisland:20180311235252j:plain

 

小林あゆみ

(キーワード)

旅、暮らす旅、三宅島、島、地域、山梨、協力隊、自分、暮らし方、活かされ方

f:id:atisland:20180311235443j:plain

 

【大澤もえ】

(キーワード)

八丈島、離島キッチン、音楽、拠点、想いの確認、アットアイランド

f:id:atisland:20180312000212j:plain

 

【佐々木東陽】

(キーワード)

八丈島、web、発信、映像制作、ドローン

f:id:atisland:20180312000924j:plain

 

【宮川隼人】

(キーワード)

新島、Uターン、ゲストハウス、地元、もやもや、人間関係、仕事

f:id:atisland:20180312001810j:plain

 

【山田拓海】

(キーワード)

三宅島、離島医療、柔道整復師鍼灸師、アットアイランド

f:id:atisland:20180312002041j:plain

 

【松本一希】

(キーワード)

離島経済新聞社、リトケイ、メディア、発信、離島

f:id:atisland:20180312002543j:plain

 

【菊池翔平】

(キーワード)

八丈島、Uターン、明日葉、商工会青年部

f:id:atisland:20180312002953j:plain

 

【フリーLIVE】

大澤もえ

f:id:atisland:20180312003426j:plain

千葉ちゃん

f:id:atisland:20180312003458j:plain

 

『あしたBar』

も出張営業。

f:id:atisland:20180312004133j:plain

 三宅島の里芋と明日葉を使った小料理も。

山田家が作ってくれました!

f:id:atisland:20180312092113j:plain

 

心の中を言葉にする機会があることは、
自分の心の中を見つめ直す機会があるということ。
この機会の大切さを身をもって実感してきました。
 
ここへ足を運ぶために踏み出した一歩が、
ここで勇気を持って発した一言が、
波紋のように広がり、
時間をかけて色濃くなっていくことを願います。
 
そして、
ここで生まれた
島を横断した繋り。
島の外と中を縦断した繋り。
いつか絶対財産になると確信しています。
 
ここまで進んできた中で、
実体としてはできていないことばかりです。
嫌になるほど。
 
でも一つだけ絶対に誇れることは、
カタチは様々であれ、
一緒に創ってくださっている仲間がたくさんいること。
 
こういう仲間を思い出すと、
便所掃除をしながらも、
「やってきてよかったな」
ってしみじみ思います。
 
もっとワクワクするような会社にして、
ワクワクエリアを醸造していきたい。
 
「実績」も求められてくる3年目。
「想い」の燃料だけで進める段階は終わりました。
着実に、
オモシロク、
駆け抜けたいと思います。
 
これからも、
未完成なアットアイランドをよろしくお願いいたします!

f:id:atisland:20180312004615j:plain

 
 
Byいとーまん