一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たち中心に「個と和が続く島づくり」に挑む。

『春の寺子屋キャンプ2018』1日目報告

今年度一発目!

『春の寺子屋キャンプ2018』

スタートです。

 

今回は島内7名。

島外から2名の参加で計9名の小学生と楽しみます。

 

どんなキャンプになるのかな~。

 

久しぶりの島外からの参加。

どんな化学反応が起こるかが楽しみです。

 

 

写真で1日目を振り返ります。

f:id:atisland:20180401221120j:plain

【集合~!!はじめましては少し緊張気味】

f:id:atisland:20180401221240j:plain

【それぞれ自己紹介ボードを作成】

 

f:id:atisland:20180401221348j:plain

【さっそく、まずは棲み家つくりです。リピーターたちはお手の物!】

 

f:id:atisland:20180401221608j:plain

【できた~!この子たちは初テント泊!】

 

f:id:atisland:20180401221711j:plain

【メンズはお手の物。初参加も1名!】

 

f:id:atisland:20180401221907j:plain

【作戦会議!この後の予定と炊事メニューを自分たちで組んでいきます】

 

f:id:atisland:20180401222436j:plain

【グループごとに、決められた予算内で計算しながら食材の買い出し】

 

 

f:id:atisland:20180401222205j:plain

【近くの商店まで買い出し!】

 

f:id:atisland:20180401222821j:plain

【調理開始~!】

 

f:id:atisland:20180401222909j:plain

【まさかの、とんかつ定食!(笑)】

 

f:id:atisland:20180401223046j:plain

【念願のロコモコ丼!Kくんがずっと作りたいと言って否決されてきた夢がトゥルーしました】

 

f:id:atisland:20180401223340j:plain

【かなり美味かった。びみょーだったのはいとーまんが炊いた米。(笑)】

 

f:id:atisland:20180401223527j:plain

【片付けも分担してテキパキ】

 

f:id:atisland:20180401223642j:plain

【明日の予定を組みます。結果明日は、簡易釣り竿つくりと秘密基地つくりに!】

 

f:id:atisland:20180401223918j:plain

f:id:atisland:20180401224151j:plain

【恒例の自由時間のモノボケタイム】

 

f:id:atisland:20180401224041j:plain

f:id:atisland:20180401224224j:plain

【そして恒例のトレーニングタイム】

 

f:id:atisland:20180401224314j:plain

【秘密基地の設計をプレゼン】

 

f:id:atisland:20180401224500j:plain

【棲み家に戻って、おやすみ~。また明日も頑張ろう!】

 

 

最初は緊張してるから、ケンカも怒らないけど、

慣れてきてからがキャンプは面白い。

 

誰かと何かを一緒にやるってことは、

簡単じゃない。

けど、最高だ。

 

By いとーまん

新島、モルディブ、そして三宅島へ。

一般社団法人アットアイランドの立ち上げ前からのメンバー
新島出身の青沼宏樹。

f:id:atisland:20180319212039j:plain

 

東海大学体育学部体育学科の同期でもある。

 

僕は、三宅島でシゴトを創る選択をし、2年。
彼は、青年海外協力隊の体育隊員としてモルディブへ行くことを選択し、2年。

 

日本の島
世界の島

 

三宅島へ、スタッフとしての5日間のステイをしてくれました。
彼にとっては初めての三宅島。
三宅島の大地を感じ、
そこに暮らす人々との交流も。
違いと親近感の狭間にいたのでは。

 

観光に終わらない、暮らしに近い感光。
そんなスタイルが少し見えてきたような、
そんな滞在でした。
受け入れのこっちも濃厚な5日間だったので、
久々に動画を作ってみたくなったので作成。
素人だし、長いですが、お時間ある方は観てみてください。

youtu.be

これから来てほしいインターンの学生さんとかは、
こんな滞在になるのかなっていう参考にも。

遊び
働き
関わり
感じ
飲み
語り
そんな僕の島の日常の暮らしを彼が存分に楽しんでくれました。

アットアイランドにも、「色」が出てきて楽しみです。

By いとーまん

『カタルシマ2018』開催報告

3年目となる『カタルシマ2018』
3月10日に無事開催できました。

f:id:atisland:20180312004718j:plain

 
 
1年目は法人も立ち上げていないし、
三宅島への移住もしていなかった。
想いだけぶら下げて、
とにかく宣言しました。
勇気をだして声に、言葉にしたことが
今に繋がっています。

f:id:atisland:20180311234841j:plain

 
2年目は、
起業して移住して、
がむしゃらに繋りを広げてきたことを報告。
『暮らし』をテーマに語り合いました。

f:id:atisland:20180311234858j:plain

 
そして今回3年目。
繋りをチカラに、そしてカタチに。
地道に貯めてきた信頼貯金を換金できて、
地元信用組合さんからの融資もきまり、
「三宅島ゲストハウス島家」
が世に生み出されました。

f:id:atisland:20180311235030j:plain

 
そんな今回は、
東京諸島に関わる人々が、
心に秘めてる
「ワクワク、モヤモヤ、夢、希望、志、悩み、壁」
を共有してみる。
そんな場を創りたくて、
10分間という短い時間だけども、
言葉にしてみる「カタルシマー」を設定。
年齢も、
立場も、
生まれも違う、
8名もの方々が、
それぞれの目線で語ってくれました。
 
【青沼宏樹】
~新島出身、青年海外協力隊としてのモルディブでの活動を終えて~
(キーワード)
青年海外協力隊、新島、モルディブ、教育、暮らし、生き方、アットアイランド

f:id:atisland:20180311235252j:plain

 

小林あゆみ

(キーワード)

旅、暮らす旅、三宅島、島、地域、山梨、協力隊、自分、暮らし方、活かされ方

f:id:atisland:20180311235443j:plain

 

【大澤もえ】

(キーワード)

八丈島、離島キッチン、音楽、拠点、想いの確認、アットアイランド

f:id:atisland:20180312000212j:plain

 

【佐々木東陽】

(キーワード)

八丈島、web、発信、映像制作、ドローン

f:id:atisland:20180312000924j:plain

 

【宮川隼人】

(キーワード)

新島、Uターン、ゲストハウス、地元、もやもや、人間関係、仕事

f:id:atisland:20180312001810j:plain

 

【山田拓海】

(キーワード)

三宅島、離島医療、柔道整復師鍼灸師、アットアイランド

f:id:atisland:20180312002041j:plain

 

【松本一希】

(キーワード)

離島経済新聞社、リトケイ、メディア、発信、離島

f:id:atisland:20180312002543j:plain

 

【菊池翔平】

(キーワード)

八丈島、Uターン、明日葉、商工会青年部

f:id:atisland:20180312002953j:plain

 

【フリーLIVE】

大澤もえ

f:id:atisland:20180312003426j:plain

千葉ちゃん

f:id:atisland:20180312003458j:plain

 

『あしたBar』

も出張営業。

f:id:atisland:20180312004133j:plain

 三宅島の里芋と明日葉を使った小料理も。

山田家が作ってくれました!

f:id:atisland:20180312092113j:plain

 

心の中を言葉にする機会があることは、
自分の心の中を見つめ直す機会があるということ。
この機会の大切さを身をもって実感してきました。
 
ここへ足を運ぶために踏み出した一歩が、
ここで勇気を持って発した一言が、
波紋のように広がり、
時間をかけて色濃くなっていくことを願います。
 
そして、
ここで生まれた
島を横断した繋り。
島の外と中を縦断した繋り。
いつか絶対財産になると確信しています。
 
ここまで進んできた中で、
実体としてはできていないことばかりです。
嫌になるほど。
 
でも一つだけ絶対に誇れることは、
カタチは様々であれ、
一緒に創ってくださっている仲間がたくさんいること。
 
こういう仲間を思い出すと、
便所掃除をしながらも、
「やってきてよかったな」
ってしみじみ思います。
 
もっとワクワクするような会社にして、
ワクワクエリアを醸造していきたい。
 
「実績」も求められてくる3年目。
「想い」の燃料だけで進める段階は終わりました。
着実に、
オモシロク、
駆け抜けたいと思います。
 
これからも、
未完成なアットアイランドをよろしくお願いいたします!

f:id:atisland:20180312004615j:plain

 
 
Byいとーまん

【募集】アットアイランドの各種スタッフ求人

「東京諸島の個と和が続く、島づくり」
を目的に進んできた一般社団法人アットアイランドも、
この春には3年目を迎えます。
 
現在は
を中心に、
ガイド業や地域体験教育、
その他受託事業などに試行錯誤しながら取り組んでいます。

f:id:atisland:20180205153341j:plain

 
今後も島全体の流れの中で、
「需要×ワクワク×そろばん」
の条件のマッチすることにチャレンジしていきたいと思って営んでいます。
だからこそ、
フットワーク軽く、
事業も流動的でいいと思っています。
 
今年度は融資を受けてゲストハウスをオープンできました。
つまり、人が出入りできるハード(箱)がある程度整いました。
 
今後はゲストハウスをベースに、
面白いソフトづくりのフェーズ。
最も重要なのは人だと思います。
 
そんなわけで、
一緒に楽しんでくれる人募集します!
(大変なこともあると思いますがそれも含めて笑)
 
「骨を埋めるつもりで移住!」
とか言いません。
一定の期間でもいいと思います。出入りはあっていい。
色んなカタチで関わってくださる方が増えてくることで、
地域は面白くなってくると思います。
 
なのでなので、
受け入れられる範囲の中で、
色んな滞在&仕事のメニューを用意してみました!
画期的な、完全副業推進スタイルです笑
 
「観光の次は、担うこと」
小さくても地域で自分の役割を持つことで、目線が変わります。
確めてみてください。
 
「ところで住むところあるの?」
には秘策を用意しています。笑
 
『三宅島シェアホーム(仮)』
 
交渉の末、
空き家になっている元別荘を活用させていただけることに。
ただ、もちろん痛んでいる部分もあるので、自分たちで手入れしながら創りあげます。
3度ほど物件を確認しましたが、
ある程度の掃除で住むこと自体は可能な状態です。

f:id:atisland:20180205152908j:plain

 
それぞれ定員は1名、多くて2名です。
勤務期間は2018年4月1日~随時です。
 
『滞在&仕事メニュー』
①法人ベーシックインカム的社員
(給与)
手取り10万円
(待遇)
社会保険(健康保険、厚生年金)加入可、労災保険雇用保険、シェアホーム入居可(光熱費のみ個人負担1万円/月)、社員旅行あり(他の島)
(勤務時間)
週3.5日勤務(週30時間、月120時間)、時間帯アレンジ可
(仕事内容)
ゲストハウス運営業務、イベント企画・運営、清掃業務、法人事務作業等
(応募条件)
普通自動車免許(ATのみ可)、島が好き、人が好き、20代、30代、住民票の三宅島への転籍が可能な方、アットアイランドのビジョンに共感できる方。
(一言)
画期的な副業推進スタイルです!
アットアイランドの正式なスタッフとして役割を持ちつつ、残りの週3.5日の島ライフを自由に満喫してください。
稼ぎたい方は、ゲストハウス島家のあしたBar(歩合制)運営も可。
さらに、他の飲食店、スナック、イベントスタッフ、農産物加工などでのアルバイトも紹介できます。
稼ぐ必要のない方は、釣りをするもよし、畑をいじるもよし、スポーツを楽しむもよし、シェアホームをDIYしているもよし、自由です。
自分でいずれ起業したい方も、おすすめです。
インターネットで仕事できる方もむいているかもしれません。
 
(給与)
なし
(待遇)
シェアホーム滞在無料、1ヶ月以上のの滞在は往復交通費全額補助(大型客船2等)
(勤務時間)
週休2日、4時間/日
(仕事内容)
ゲストハウス業務、地域体験教育キャンプサポート、ガイド補助など
(応募条件)
大学生。専門学生。1週間~2ヶ月。島が好き。人が好き。
(一言)
離島、ゲストハウス、野外教育、起業、自然に興味があって、学びたい学生にはピッタリです。空いてる時間には、他のアルバイトも紹介も可です。
 
③フリーステイスタッフ
(給与)
なし(滞在費で相殺)
(待遇)
シェアホーム滞在無料、1ヶ月以上のの滞在は往復交通費全額補助(大型客船2等)
(勤務時間)
週休2日、4時間/日
(仕事内容)
ゲストハウス業務、地域体験教育キャンプサポート、ガイド補助、農作業など
(応募条件)
年齢不問。1週間~1年。島が好き。人が好き。自立して主体的に動けること。
(一言)
稼ぎたい方は、ゲストハウス島家のあしたBar(歩合制)運営も可。
さらに、他の飲食店、スナック、イベントスタッフ、農産物加工などでのアルバイトも紹介できます。
稼ぐ必要のない方は、釣りをするもよし、畑をいじるもよし、スポーツを楽しむもよし、シェアホームをDIYしているもよし、自由です。
自分でいずれ起業したい方も、おすすめです。
インターネットで仕事できる方もむいているかもしれません。
 
④夏期アルバイトスタッフ
(給与)
時給1,000円
(待遇)
雇用保険労災保険、シェアホーム入居可(光熱費1万円/月は個人負担)、マリン機材使用無料(SUP、スノーケルセット等)
(勤務時間)
週休2日(業務状況により変動あり)、4~8時間/日
(仕事内容)
ゲストハウス業務(清掃、チェックイン・アウト対応、イベント運営、農作業など)
(応募条件)
7月~9月の間で1ヶ月以上働けること。18歳~30代まで。普通自動車免許(希望)。島が好き。人が好き。
(一言)
夏の三宅島を一緒に駆け抜けてくださるアルバイトスタッフです。
ガッツリ働きつつ、三宅島の夏を満喫できます!
 
 
⑤清掃アルバイトスタッフ
(給与)
日給7,000円
(待遇)
(勤務時間)
週1~3日程度。1日6時間程度で終わる仕事です。
(仕事内容)
島内の公園トイレ施設7箇所の清掃作業。ゲストハウスの清掃作業。車両は貸出します。
(応募条件)
普通自動車免許。
三宅島在住者。
清掃が得意、好きな方。
島が好きな方。
(一言)
トイレが清潔なことは、
観光地において重要事項!
地味だけど、意味のあるお仕事です。
空いてる時間を活用して収入を得られるので、
お子さんがいる方にもおすすめです。
清掃を通して島を1周するので、
ドライブ気分でマイペースで楽しめます。(体験談笑)
 
⑥シェアハウス共創メンバー
(給与)
なし
(待遇)
2019年3月末月までシェアハウス入居無料(光熱費のみ1万円/月個人負担)。工具、機材使用可。
(仕事内容)
シェアホームの整備
(応募条件)
1ヶ月~2019年3月末まで。シェアホームの整備を進めること。シェアホーム住民との和を大切にできる方。DIYに興味がある方。島が好き。人が好き。自立して主体的に行動できること。
(一言)
『三宅島シェアホーム(仮)』
を1年かけて共に創ってくれる方を募集。
1年間は特別期間で、家賃はなし。
夕陽が抜群な隠れ家的な元別荘を、協力して面白い場所に育てましょう。
整備作業以外は、
働く、遊ぶ、寝る、自由です。
 
 
⑦畑開墾メンバー(2018年秋~)
(給与)
なし
(待遇)
島で農業に携われる、短期の場合はゲストハウス宿泊2,000円/日、1ヶ月以上の長期の場合はシェアホーム20,000円/月(光熱費込み)で滞在できます。
(仕事内容)
開墾、植付け、管理、収穫作業
(応募条件)
農業に興味がある、島が好き、人が好き、自立して主体的に行動できること。
(一言)
開墾、それはロマン。
どこで生産されたかもわからない市販の野菜を食べるより、
自分で汗を流して開墾した畑から生まれた農作物を食べたてみたくない?
 
 
 
もし人生のタイミングのどこかでリンクしたならば、
下記連絡先か、直接お声かけください。
 
TEL     :  080-4477‐1250(伊藤)
E-mail:at.islands25@gmail.com
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一般社団法人アットアイランド 
~東京諸島の個と和が続く島づくり~
代表理事   伊藤 奨 ITO Sho
TEL     :   04994-8-5860(事務所) 080-4477-1250(携帯)
E-mail   :     at.islands25@gmail.com
HP        :    http://miyake-shimaya.com/
Blog     :   http://atislands.hateblo.jp/archive 
Address :    〒100-1101 東京都三宅島三宅村神着106-3
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

『ドリカム新年会in安曇野地球宿』報告&内省

2017年4月、鎌倉でのゲストハウス開業合宿に参加しました。

その時に出会った長野県安曇野市にある「安曇野地球宿」を営む望さん。

少しお話しただけで、信頼できる方だと直感。

地域をより良くしていきたいという「愛」を感じました。

望さんは、社会起業家であり、公の市議会議員でもあります。

その生態にも、興味深々です。笑

その時に「ドリカム新年会」を教えていただき、

ちょっとネーミングが古いな~と心で思いつつ(笑)、10ヵ月後の予定を即決。

それは、イベントに興味があるというよりは、また望さんに会いたかったから。

本当に会いたい人や行きたい場所があるなら、その場で予定を決めちゃうのが良い。

決めちゃう力ってもの凄いのです。

 

それから僕は島に戻り、なんとか三宅島ゲストハウス島家を開業。

 

10ヵ月が経ち、2018年2月3日「ドリカム新年会」に参加しに長野県安曇野市へ。

「否定しない」「話を最後まで聴く」

というコンセンサスのもと、1人8分で夢を語る。

f:id:atisland:20180204183559j:plain

それだけ。

「なんだそれだけか」と思うかもしれない。(僕も最初は思ってた笑)

当日は30名以上が参加。1人8分であってもかなりの耐久戦。

実際に13時にスタートし、全員が語り終わったのは深夜1時近く。

 

これがなぜいいのか、僕なりに考えてみると要素は、

◎安心感

◎多様性

だと思いました。

安心感については、望さん(地球宿)に繋がっていることで、初対面であっても安心感が生まれる。

そして「否定しない」「話を最後まで聴く」というシンプルな約束事が、心を拓く。

多様性については、今回の参加者は、主婦、ママ、パパ、農家、地域おこし協力隊、アーティスト、宿のオーナー、国営公園の職員、料理人、野外教育、野外保育、作業療法士、議員、旅人、アナウンサー志望の大学生、僧侶、などなどバラエティー豊か。

年齢も、性別も、環境も、思想も、職業も、立場もバラバラ。

そんな多様な方々のリアルな夢や悩みを聴ける機会は少ないですし、

そんな多様な方々から、自分の夢や悩みについてフィードバックをもらえる機会はさらに貴重。

 

始まる前は、

自分の事業のことや三宅島の魅力、

これからのビジョンや夢をキレイに語ろうと思っていました。

でも他の方々の時に涙するような「心にせまる」お話を聴いている中で、

それはやめた。恥ずかしくなった。

体裁整た表面上の話をするのではなくて、

心の内面を聴いてほしいと願っていました。

僕は最後の最後の発表だったので、時計は深夜12時を回っていました。

疲労感もピークの中、僕のつたない話を心を傾け聴いてくださった。

おかげで、心の内側に潜む、得体のしれないモヤモヤを吐き出すことができました。

 

やってきた事業だけ見れば、かなり順調に進んでいるようにも見えるかもしれません。

でも実態は、「心」が追いついていないのです。

どっかで気が付いてはいたけど、

見て見ぬふりをしていた自分を認識することができました。

 

夢を夢想するよりも、近くにいてくれる人をまず大切にしたい。

ちょっと急ぎ過ぎていたのかもしれません。

まずはゆっくり、

「三宅島ゲストハウス島家」

を”人”を育み繋ぐいい場所にしてくこと。

その中で、

関わってくださる方が増えていき、

小さくても素敵な商いがポツポツと増えていき、

結果として面白くて魅力のあるエリアになっていく。

それでいい。いや、それがいい。

 

 僕は三宅島が大好き。

だから、この島がずっと続いてほしい。

そのために僕が担えることの一つが感光。

だから、ゲストハウスやガイドで島の魅力を伝えています。

 

壊れては、蘇える大地。

どんなに過酷な環境でも共に生きて再生を担う植物や動物。

そこに共存する人間の信仰や文化歴史。

特に大好きなのは汗ほとばしる祭り。

昨日あった湖が、今日なくなっている。

今日海だった場所が、明日には丘になる。

地球は動いていて、日々カタチを変えていくことを五感で受け止め、

どんなに小さくても、自分自身も地球の大きな流れの一部だと学ぶ。

じゃぁ、自分の役割ってなんだろう。

この複雑な現代社会の中で、どう生きよう。

そういうメッセージを与えてくれる、素晴らしい価値のある島。

 

そう伝えている僕が、

この素晴らしい島に暮らしているのに、擦り減っている。

すごい違和感。

多分、移住者としての立場のもろさにおびえて緊張して、

島の人と本音で語ることができなくなっていた。

自分自身で作り出した理想像に追われて窮屈に。

もっと、素直になります。

 

来年度からは、一緒に働いてくれる仲間を増やしていきたと思っています。

遠くを見渡すのは得意だけど、足元見るのが不得手。

法人創ってみて痛感しました。

弱い部分がボロボロでてきて、恥ずかしい。

でも、目をそらしていたそういう自分に気が付くことができた第一歩。

不器用だから時間がかかるけども、向き合います。

「近くの大切な人を、大切に」

それが夢だな~。

 

こんな内省を与えてくれた「ドリカム新年会」。

本当に自分自身が求めていたんだと思う。

望さんはじめ、今回出会って話を聴いてくださった方に大感謝です。

f:id:atisland:20180204193147j:plain

直感を大切に!

直感=求めている

かなって。

 

By いとーまん

 

『もも』との出会い

フッとした時に、気になって手に取ってしまう本がある。

「時が来た」と言わんばかりにこちらを見ている。

今まで近くにあろうとも興味もなにもなかったのにである。

必要な時に、

必要なものは浮き出て現れるのだ。

いや、論理的に言えばこちらが選んでいるはず。

普段あまり読書家ではない僕だが、

時にその本に求められるがごとく引き寄せられて手に取り、

その内容が僕の滞っていた血液を流してくれる。

そんな出会いを数回してきたことがある。

 

今回は普段読むことがほとんどない小説。

しかもとりわけて興味の薄い児童文学書である。

日本でも有名な『もも(ミヒャエル・エンデ作/大島かおり訳)』である。

 

恥ずかしながら、存在とあらすじはなんとなく知っていたが、

この歳になるまで読んだことがなかった。

 

「あ〜時間泥棒のやつね」

読みもしないで知ったふりをしていた自分を恥じたい。

 

【あらすじ】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

円形劇場に迷い込んだ1人の孤独な少女もも。

惨めな境遇にも関わらずあたたかい地域の人々に受け入れられて暮らしている。

そんな中でももにはある特別な力があった。

それは人の話を心から聴くことのできる力。

ももに相談したものたちは自らの進むべき道を思い出しいきいきと帰っていく。

そのうちに、ももはいなくてはいけない大切な存在となる。

 

その裏で、事件は進行していた。

「時間貯蓄銀行」の者だと名乗る「灰色の男たち」が、

多くの大人たちの時間を奪っていたのだ。

時間を奪われた人たちは、効率ばかりを求め心のない仕事や生活に追われる。

 

そんな中、ももは子どもたちの異変に気がつく。

以前は純粋にもものところに遊びに来ていた子どもたちが、

行き場を失って逃げるように集まってきているということに。

 

ももは以前から良くしてくれていた大人たちのところに訪れる。

仕事に誇りを持っていた人たちが心を失いかけて目先の営利にのみ猛進している。

ももはお世話になった方々に話を聴きに行くことを続ける。

 

そんな折に、もものところへ灰色の男が現れる。

ももは恐れながらも懸命に対話し、

灰色の男の本音(企み)を聴き出してしまう。

 

親友のベッポとジジ、そして子どもたちと、

大人たちの時間を取り戻そうと奮闘するが届かず、

帰って灰色の男たちの逆鱗に触れ、追われることになる。

 

そんな時に現れたカシオペイアというカメ。

このカメの案内で難を逃れ行き着いたのは、

時間を司るマイスター・ホラのところ。

 

それから時間を取り戻すためのももたちの熱い戦いが始まる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

単なる時間泥棒と戦う少女の話ではない。

 

時間とは何か、

豊かさとは何か、

1970年代の作品にも関わらず、

まるで現代の日本人に警鐘を鳴らしているかのような強烈な風刺。

この作品に出てくる暖かい田舎の地域は島にリンクし、

そして大都会はそのまま首都東京にリンクして見えた。

「島時間」その言葉に含む、島の価値も少し見えた。

 

文中に

「〜その時間にどんなことがあったっかによって、わずか一時間でも永遠の長さに感じられることもあれば、ほんの一瞬と思えることもあるからです。なぜなら時間とは、生きるということ、そのものだからです。そして人のいのちは心を住みかとしているからです。」

効率、生産性、利益をただ高めていった先に人間の幸福はあるのだろうか。

時間は生きることそのものであって、

それが良いか悪いかは心が決めるのか、と。

 

「忙しい・時間がない」

その言葉が大人はもちろん子どもにまで蔓延している現代社会。

時計に表示される機械的な時間が減ったわけではない。

人間が人間らしく生きるためのゆとりのある時間が減っている。

そうすると、自分が「どう生きたいか」を考える必要がある。

そのために、限られた時間をどう使っていくか、を考え実行していきたい。

 

最後に今の自分に最も響いた言葉を引用したい。

ももの親友である道路掃除夫のベッポの言葉。

「とっても長い道路をうけもつことがあるんだ。おっそろしく長くて、これじゃとてもやりきれない、こう思ってしまう。(中略)そこでせかせかと働きだす。どんどんスピードをあげていく。ときどき目を上げて見るんだが、いつ見てものこりの道路はちっとも減っていない。だからもっとすごいいきおいで働きまくる。心配でたまらないんだ。そしてしまいには息がきれて、動けなくなってしまう。道路はまだのこっているのにな。こういうやり方は、いかんのだ。いちどに道路全部のことを考えてはいかん。わかるかな?次の一歩のことだけ、次のひと呼吸のことだけ、次のひと掃きのことだけを考えるんんだ。いつもただ次のことをだけをな。すると楽しくなってくる。これが大事なんだな、楽しければ、仕事がうまくはかどる。こういう風にやらにゃぁだめなんだ。ひょっと気がついたときには、一歩一歩すすんできた道路がぜんぶおわっとる。どうやってやり遂げたかは、自分でもわからんし、息もきれていない。これが大事なんだな。」

 

ビジョンとか構想とかいっぱいあるけども、

まずは次の仕事、次のことをちゃんと心込めてやってくこと。

そうすると次にやるべきことも見えてくるはず。

そしていつか振り返った時に、いい道だったなって思えればいい。

心がなくなった瞬間に仕事は作業に降格する。

島にいながらも例外にあらず意外と忙しいもの。

心を奪われないように、

息抜きながら一歩一歩大切に楽しみながら進んでいきます。

 

固まっていた血液が、流れ出した。

自分の世界(城)の中でもがいて苦しんでいる時は、

本、音楽、自分と違う生き方をしている人の話を聴いてみる。

自分じゃない誰かの世界観にのめり込んでみる。

そうすると、道は拓ける。

かもしれない。

 

By いとーまん

f:id:atisland:20180114012529j:image

2017 to 2018

年末年始の慌ただしさも過ぎたこのタイミングで、
1度これまでを振り返り、
2018年の展望をまとめたいと思います。

 

◎2014年12月
有志で任意団体アットアイランドを設立。
ワクワクしたからやると決める。

 

◎2015年
各々仕事をしながら色んな島を調査。
隙さえあれば僕たちに何ができるのかを会議。
とにかく色々な方々に「想い」だけをぶら下げてポンコツプレゼンを繰り返す。
ポンコツプレゼンを暖かく聴いてアドバイスくださった方々には頭があがらない。

 

◎2016年4月
法人化、三宅島移住。
覚悟だけを持って、できることを、がむしゃらに取り組んだ。
採算なんてとれていない。
もちろん大赤字。
でも今考えると、この時にとにかく色々な場所に顔を出していたことが、後々かなり効いてきた。

 

◎2017年
法人化2年目を迎え次のステージに。
【三宅島ゲストハウス島家の開業】
・物件調査
・融資計画
・融資通る
・物件購入
・改修計画
・公園管理事業受託
・旅館業法、消防法、飲食店営業、建築基準法等との戦い
・ゲストハウス内装合宿
DIYキャンプ
・7月1日ゲストハウスopen

とにかく前半はゲストハウスを生み出すことに夢中だった。
後半はゲストハウスの運営がメインだった。
初めてのことばかりでその都度修正の繰返し。

約1,500万円の借金を背負った年でもある。
このリスクを背負ったことは、
実はかなりポジティブだ。
地元信用組合さんからの借金は、
「ここでやる」という覚悟の表明。
そして地域からの信用の証。
精神的にも、良い緊張感を保てる。

全て自分でやってきたように見えるかもしれないが、
まったくそんなことはない。
ゲストハウスを創るにあたって、
これまで応援してきてくださった方々の、
繋がって見守ってくださっていた方々の、
パワーをたくさんお借りすることができたからこそなし得た。
本当にありがとうございます。

ゲストハウスはまだオープンして半年ほど。
夏は怒濤で駆け抜けた。
冬は想定以上に人の入りは厳しい。
経営としては、ギリギリといったところでしょうか。

でもゲストハウスってほんとに面白い。
毎日毎日、雰囲気が全然ちがう。
僕が提供するのは、
安心して過ごせる空間と、選択肢の提供。
後はゲストさんたちが空気を創り出す。
島の方々がフラッと遊びに来てくれることも増えて、良きハプニング(偶発)が起こりやすい場所にもなってきた。

 

◎2018年の新展開(目標)
・月1治療院の開業
ベーシックインカム的、週4スタッフ雇用
・シェアハウスシェアオフィス整備
・ファミリーハウス整備
・畑の開墾
・あしたBarの本格始動
・カタルシマ2018(3月10日予定)開催
・五感ツアーデイを毎月設定
寺子屋キャンプ春夏秋冬実施
・自然体験指導者養成
・グッズ、リーフレットの整備
・保育士さんとタイアップで「島のようちえん」まずはデイプログラムから
・学生インターンシップ枠の設定(大学と提携)
・MAGONOTEプロジェクト始動(若もの×光齢者)
・東京にしがわ大学修学旅行受入れ
メリハリ運営のため定休日の設定

どこまでやれるかわかりませんが、
こうやって宣言しちゃって、
追い込まれつつ、
ワクワクしてないと頑張れない性分なので宣言します。

今年の目標は、
「働いていてオモシロイ会社にする」

もうここまで来たら面白くなきゃ、
しょうもない。
小さくても、オモシロイ場所にオモシロイ人が集まってくるんじゃないかなって。

大風呂敷広げましたが、
現実は地味だしできていないことばかり。
少しずつカタチにして、
その結果少しでも島がオモシロイ場所になったならば、嬉しい。

 

想いも大事だけど、
稼ぎも大事!
稼ぎがなければ、仕事にならない。
仕事にならなきゃ、続かない。
続けることでしか、僕らの価値と信頼は生まれない。

 

「島に若ものが大志を抱いて来た」
だけで許され称賛されたステージはすでに終わっていて、
具体的な「結果」が求められるフェーズに切り替わっていると思います。

そして今年は島内外タイアップ企画を増やしていきたいと思っています。
一緒に島でオモシロイことしましょう!

 

長くなりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

f:id:atisland:20180113230352j:image

 

By いとーまん