一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

ヒトと自然

島には数多くの美しい自然が残されている。

f:id:atisland:20151125005451j:plain

そもそも『自然』ってなんだろう。

木、森、山、海、川、火山、空、空気、水

猫も犬もアリもプランクトンも自然?

ヒトは本来、動物であって自然の一部だと思うのです。

ヒトと自然の間に線を引くから、

自然をコントロールしようという考えが生まれる。

それは不自然なんじゃないかなぁ。

晴れた日には漁や畑に出かけるし、

雨や風の日には家の中でできることをする。

ヒト中心ではなく、

自然中心の考え方を持つことで、

ずいぶん心も楽になれるんじゃないでしょうか。

 

そこに現代のストレス社会を解決するヒントがあるのでは。

f:id:atisland:20151125005113j:plain

月に約2,000人が自殺というカタチで命を断つ日本社会。

月に、だよ?

例えば三宅島の人口は約2,700人。

単純に計算すると、1ヶ月半で三宅島の人がすべていなくなる。

そう考えると、日本も十分危険な国では。

経済的に豊かであることと、生命として豊かであることは別。

 

ヒトも地球の中の一つの生命として、

海や山や川と繋がって生きていく。

文明を捨てて石器時代に戻れということではなく、人類の技術は地球への負担を減らす方法に活かす。

大量に生産して大量に捨てる時代から、今あるものや無駄なものを循環させる時代を考えたい。

その実践の場が『島』である。

日本の豊かな未来は『島』にあり。

そんな可能性も感じているのです。

f:id:atisland:20151125005310j:plain

伊藤(いとーまん)