読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

メンバー紹介⑥

こんにちは〜

 
生まれも育ちも新島!
新島大好き、青沼宏樹です。
f:id:atisland:20151224152042j:image
18年間島生活をしていたもので、大学が休みになるとすーぐ新島に帰っては、地元の友達と綺麗な海で毎日泳いでいました。笑
 
大学卒業後は、中学校の保健体育科の講師をしていました。
部活はバスケの顧問をやっていました。
バスケするのも好きだけど、子どもたちにバスケ教える方が楽しいー!って気づきました。笑 
 だから将来的に教員になるつもりです!
 
そして現在は、
JICAボランティアの青年海外協力隊として、モルディブに派遣されることになっています!
体育隊員として現地の小学校に配属されます。「体育の必要性、体を動かすことの楽しさ」を現地の子どもから大人までに発信していく活動していきます。
 
モルディブは体育の授業という概念そのものがない、もしくは根付いていないので、僕が行く小学校では体育館がなければ、教具も何もありません!
 体育ってなに?状態です。笑
 
でも、何も無いんだったら…
 
「自分で作る!現地の人と協力して作り上げていく! …あ、あの浜に落ちてる網のゴミ、バレーのネットに使えそうだなぁー。あとは木に括り付けて…」
 
わぁーなんて楽しそうなんだろ〜。笑
昔から遊びとか考えるの大好きでした。
 
それはたぶん、幼少時代から大自然の中で培った体験が生きているんでしょうね。
海だけで何百通りの遊びを考えたことやら…笑
 
正直なんでも揃ってて、人で溢れかえってる都会は好きではありません。笑
 
話を新島に戻すと…
 
何もない田舎?不便な島?
 
ホントになんもないんかな…?
 
でもそこには、
 
無限に広がる海!
一度潜れば別世界の光景!
大迷路の森の中!
…あと変な虫たち笑!
島をこよなく愛し、帰島する若者たち!
それをいつも笑顔で迎えてくれる島のおじちゃんおばちゃんたち!
 
いつも島の人は助け合って生きている。
                 
なんだいっぱい暖かいものあんじゃん!
 
僕はモルディブに行ったら、そういったたくさんの「あったかいもの」に触れて、感じ取って、一緒に共有していきたいと思っています!
 
生き方が違ったって、
国が違くたって、
言葉が違くても、
共存共生ってそうゆーことでしょ?
 
どこにいたっていつの時代も一緒!
 
…そしてモルディブから無事帰還したら、日本の子どもに世界の話や、色んな話をたくさんしたいです。
また新島をはじめとする東京の島々の子どもたちにも、国際的な刺激を感じてもらいたい。
 
島にないものを数えるのではなく、たくさんの大事なものがあるってことを!!
 
まだまだ世界にはたくさんの暖かいものがあると思うので、生涯をかけて探していきたいと思います!

f:id:atisland:20151224153910j:image
 
青沼(ぬま)