読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

社員研修&物件

イベント参加 @アイランドについて
 

今日は某法人さんの社員研修に

ゲストスピーカーとして呼んでいただき、
少しお話しをさせていただきました。

f:id:atisland:20160226211245j:image
【離島出身者として、離島後のアフターフォローを考える】
 
以前社会人インターンとしてお世話になっていた、
離島経済新聞社さんが今回のマネジメントに入っていて、
今回のお話しをいただきました。
 
某法人さんは、
離島での教育寮などを運営されていて、
今回は離島に関する研修でした。
 
僕も離島出身で4月から島に移住する立場として、
率直な体験や想いをお話しさせていただきました。
 
今回はゲストというかたちでしたが、
他の島での教育に関する取り組みなどを学ぶこともできました。
 
東京の島にも平成16年まで
『七島学生寮というものがあったという話を聞いています。
f:id:atisland:20160226212821j:image
しかし現在は廃止になっています。
 
離島から出てきた後に頑張れるかは、
個人の裁量に任せられます。
ただ、島にいる間に現代社会を生きな抜く力を養う環境があったのでしょうか。
 
 
島にいる間に現代社会を生き抜く力を養う地域・社会教育は必要。
 
島を出た後も島との繋がりを切らさず、困った時には相談できるような場所や人も必要。
 
僕らは出身者として島に入って地域教育に取り組むけれども、
離島出身者をいかに島と繋ぐかの重要性もわかる。
 
あー、
やりたいことは膨らむけど、
堅実に歩みたいと思います。
 
 
その裏では、
副代表穴原は三宅島に入っています。
そして!
三宅島でしばらくの住居&事務所が決まりました。
そこは事業を行えるキャパはありませんが、
ホームレスは間逃れそうです!笑
神着地区です。
少しずつ動いておりやす。
 
 
伊藤(いとーまん)&穴原(あなちゃん)