読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

小笠原諸島

島のつながり @アイランドについて
小笠原諸島で人が住んでいる(暮らしている)のは、
父島母島の2島。
僕(伊藤)は小学2年~5年までは父島に住んでいました。
毎日堤防から飛び込んで、
イルカやクジラと泳いで、
山に秘密基地をつくって、
川でエビを捕まえて、
暮らしていました。

独自の自然環境と文化を持った、
日本のガラパゴスです。

今日は、
小笠原に住んでいた時の仲間たちと飲んできました。
18年ぶりに会う友達なんかもいました。
f:id:atisland:20160211045444j:image

基本は遅刻。
さすがです。

懐かしい話をたくさんしました。

数年しか住んでいなかった人もいるのに、
幼少時に『島』で暮らしたことは、
強烈に記憶に刻まれるようです。

やはり子ども時代に島で暮らすことは、
人生観に大きな影響を与えると思います。

困ったら家族でも友達でもない隣人さえも、
親身になって助けてくれる環境です。

そんな、『島』という素晴らしい存在を、
これからも続けていきたいですね。

小笠原の海は、、、

やっべぇぞ!

伊藤(いとーまん)