読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

『夏の寺子屋キャンプin三宅島』最終日報告

横浜の子ども×三宅島っ子で創り上げてきた

『夏の寺子屋キャンプin三宅島』

早いもので最終日です。

 

朝はもちろん、

f:id:atisland:20160807193247j:plain

、、、爆睡です。

 

まずは自分たちの使ったテントやマット、寝袋を片付け、天日干し。

f:id:atisland:20160807210850j:plain

f:id:atisland:20160807211112j:plain

 

 

朝食いただいて、

f:id:atisland:20160807211330j:plain

 

来ました。宿題タイム。

疲れか慣れか、少し集中力不足な感じもしました。

f:id:atisland:20160807211514j:plain

f:id:atisland:20160807211635j:plain

それでも頑張る。

飽きた子には、やりたい教科の問題をプリントアウトして対応。

好きなことは、捗る捗る。

 

午後は、

「山田陽治さんと海遊び」

に参加させていただきました。

土方海岸の生物を見て、観察しました。

f:id:atisland:20160807212320j:plain

f:id:atisland:20160807212710j:plain

f:id:atisland:20160807212539j:plain

f:id:atisland:20160807212600j:plain

f:id:atisland:20160807213028j:plain

 

 

そして島感舎にもどり、3日間の振り返り。

f:id:atisland:20160807212914j:plain

 

「長かった?短かった?」

この3日間は、子どもによって色んな感じ方があったのではないでしょうか?

 

「またやりたい」「次のキャンプはいつ」

そんな声をいただく事ができました。

 

 

出会ってすぐは、緊張してた子どもたちも、

一緒にご飯を作って、一緒に寝て、一緒に遊ぶ。

3日目には、家族のようになってきました。

 

海にも恵まれて、感謝です。

 

色々な方に手伝っていただいて今回のキャンプができました。

 

「自分たちで考えて決める」

がテーマのこのキャンプ。

 

「しなければならい」「ルールだから」

そういったことを極力排除して、

「思うことを自分で取り組む責任」

が少しでも伝わったかな?

 

いやーほんとに楽しかった。

いいキャンプだった。

 

また定期的に開催したいとおもいます。

 

関わってくださった全ての方々に感謝です。

 

 

 

そして横浜組のお見送りに。

f:id:atisland:20160807215227j:plain

 

「またね。」

f:id:atisland:20160807215741j:plain

 

By いとーまん