読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

椎茸の原木栽培(菌打ち)

三宅島は高温多湿な島で、
キノコの栽培に適しています。

産業としてやっているまでではないのですが、
家族単位で栽培されている方も多いです。

栽培方法は様々ですが、
三宅島で主に行われているのは、原木栽培。

山から切り出してきた椎の木やハンの木の原木を、
一定期間おいて乾燥させ、
1mくらいに切り出します。(予め切っておく場合も)
f:id:atisland:20170124125121j:image

電導ドリルで穴を一定間隔で開け、
f:id:atisland:20170124125153j:image

菌のついた種駒を入れて、
f:id:atisland:20170124125345j:image

金づちで叩いて打ち込みます。
f:id:atisland:20170124125427j:image

こうなります。
f:id:atisland:20170124125618j:image

林の中へ運び、
仮伏せ(横に寝かせる)します。
f:id:atisland:20170124125922j:image
f:id:atisland:20170124125940j:image


今回行ったのはここまで。

この先春先に、
立て掛ける本伏せに移行します。
f:id:atisland:20170124130116j:image

条件がよければこの秋過ぎにも収穫できるよう。
通常、2年目からでるようですが。

それだけでは仕事にはならないけれど、
山にもワクワクする素材はいっぱいあるな~と。
危険も伴うし、自然相手で簡単ではないけれど、普段スーパーで買っていた食材がどのようにできているのかを感じることができるのこの生活は、豊かです。


3月くらいまでに来てくれれば、
一緒にキノコ作れます!
Myキノコを育てませんか?

Byいとーまん