一般社団法人アットアイランド

東京の離島出身の若者たちが「僕らの育ってきた島々が、これからも生命と笑顔の溢れる場所として続いてほしい」という想いカタチにするため、三宅島を拠点に東京諸島の連携した地域づくりにチャレンジするプロジェクト。http://atisland.com/index.html

『三宅島ゲストハウス 島家』OPEN

構想段階から3年。

三宅島に移住、法人設立から1年3ヶ月。

物件との出会いから5ヶ月。

融資の決定、改修スタートから3ヶ月。

 

長かったような、短かったような。

目指してきた2017年7月1日のOPEN。

多くの方々の支えのもと、実現しました。

本当にありがとうございます。

f:id:atisland:20170704225822j:plain

【OPENパーリーの乾杯】

 

f:id:atisland:20170704230046j:plain

 【記念樹を島の子どもと一緒に植樹。デカくなれ。】

 

f:id:atisland:20170704230939j:plain

【スタッフのあこが作ってくれたムービーでゲストハウスのこれまでを振り返り。涙ものでした。】

このムービーを見た後、島の子どもたちが、

「オレ、コックになってここでオムライス作るよ!」

「実家の商店を継いでここに関わるね!」

ということ言ってくれた。

ありがとう。絶対に面白い場所として続けるね。

 

f:id:atisland:20170704230423j:plain

【島外からも10名以上来てお祝いしてくださいました!ありがとう!】

 

 

振り返ると、

当初は移住してくるタイミングでゲストハウスを始めようと考えていました。

結果として物件に恵まれず断念。

それでも移住の決意は固かったので三宅島へ。

その中で、地域教育(寺子屋キャンプなど)、滞在型の観光(大人向けキャンプなど)を中心に、早朝の運送業、中学校の支援員、明日葉の加工、応援隊のイベントなどとにかく動きまくってきた1年でした。

金銭的にも非常に苦しい1年でした。

 

三宅島での生活を過ごす中で、

都内から来てくださった方々が、

三宅島に触れて、喜んでくれて、好きになってくれて、また来てくれる。

そんな方々が少しずつ増えてきました。

この方々がもっと活躍できる場ができたら、と思うようになりました。

 

「観光の次のステージは、担うことから」

という考えが僕の中にあり、

リピーターさんの興味・特技と三宅島の魅力を掛け合わせて、今度は伝える側に回る。

・三宅島に初めて来てくださる方々

・リピーターさん

・島の方々

このステージ・環境の異なる人々が、「三宅島」という共通項を元に、

交流し、刺激し合う。

そして新たな価値が生まれる。

もちろん、それなりの対価をいただき、宿が仕事として成り立つ。

その姿が、僕の目に浮かびました。

 

元からゲストハウスはやりたかったのだけども、

結果的に僕の描いた姿の表現が、ゲストハウスというカタチで腑に落ちた。

だからこそ、ゲストハウスを目指す目標に再スイッチを入れることができました。

 

1年間、地域の活動にも色々参加させていただいていたことで、

ゲストハウスの改修を進めるにあたり、

「これはこの方に」「これはこの方に」

と頼れる方々の顔が見えていました。

だからこそ、ここまでスムーズに進んだと思います。

 

改修期間の3ヶ月は、本当にあっという間だったけど、楽しかったなぁ。

当初は、どこから手をつけて良いかわからず、アワアワしていましたが、

少しづつ助けてくださる方々が加わり、

その方々に励まされ、折れそうな心を引き上げてもらい、

駆け抜けてくることができました。

 

この改修のプロセスを通して、

個人の「想い」から始まったものが、

伝染していき、みんなの「想い」に近づいていく。

多くの方々に改修の手を加えていただくことで、

床、天井、壁、カウンター、縁側、キッチン、畑、などなど

全ての部分に物語が刻まれて分厚くなってきました。

その変わっていく様を、間近で見ることができたことは幸せでした。

 

物理的に言えば、ゲストハウスはただの木造の建物に過ぎないのですが、

この木造の建物には、多くの方々の想いが宿っています。

スタートを迎える時点で、

すでに想いの乗っているこの場所は、

絶対に良い場所になる。

期待を裏切らないためにも、大切に守り育てていきます。

 

積極的な改修期間は終わりましたが、

このゲストハウスはある意味いつまでも未完成でいいと思っています。(不便でいいという訳ではなく。)

関わってくださった方々が創り上げていく「隙」みたいなものは常にある場所です。

だからこれからも、ガンガングイグイ来てください。

面白いことしましょう。

 

 

僕がゲストハウスを運営することで目指したいことは、

このゲストハウスに関わることで、三宅島に小さくてもルーツを持って欲しい。

ルーツは、

別のその場所で生まれてないなくても持てるし、

いくつ持っていてもいいもの。

自分のルーツ(精神的な故郷)が、この雄大な島にあるっていう状態が、

特に大都会に暮らす方々の心を少しでも豊かにできるんじゃないかって思います。

でもルーツを持つって、

特別なヒト・モノ・コトとの出会いが必要。

その出会いを創り出せるような場所になることが、

ゲストハウス島家の、当面の目標です。

 

そして、素泊まりのゲストハウスとして他の商店・飲食店・施設などと連携し、

島内外を繋ぐハブとして三宅島に貢献したい。

この地域に必要とされないことだったら、やる意味がないから。

この素晴らしい三宅島を作ってくださった方々に感謝し、

島の明るい将来のために少しでも役に立てる場所になれれば嬉しい。

 

OPENにあたりお祝いや激励をいただきました方々、本当にありがとうございます。

直接お礼ができていない方もおります。

遅くて申し訳ないのですがこの後、少しづつお礼をさせてください。

 

さて、本番はこれから。

まだまだ運営の面でやらなきゃいけないことイッパイ!

絶対いい場所にしてみせるぞ〜 !

 

最後に、3ヶ月間の改修期間を初代スタッフのあこちゃんがムービーにしてくれました。

ありがとう。

ぜひご覧ください。

youtu.be

 

By  三宅島ゲストハウス 島家

オーナー いとーまん

f:id:atisland:20170704230657j:plain

 

=====================================================

三宅島ゲストハウス 島家(しまや)

◎080-4477-1250(オーナー直通)

◎at.islands25@gmail.com

◎HP

miyake-shimaya.com

=====================================================

2017三宅島ファミリーキャンプのご報告

2017三宅島ファミリーキャンプ

4家族総勢16名でのキャンプが終わりました

f:id:akooooo:20170618231221j:plain 

「テントという普段とは異なる空間で過ごすこと」

「時間と空間を共有する中で、仲間の存在を意識し合うこと」

「想いの衝突を経験し、目の前の事象に向き合うこと」

「楽しくて、面白くて、美味しくて自然と笑顔が溢れること」

「お別れが寂しくて涙がでること」

 

一泊二日

時間にしたら30時間ほど

 

この時間の中に

様々な物語が彩られました

 

“初めまして”の空間がドキドキするのは誰でも一緒

まずは触れ合いゲームを通して互いの存在を意識してみます 

f:id:akooooo:20170618231358j:plain

f:id:akooooo:20170619001951j:plain

1日目午前中のメイン

【明日葉で草木染め】

f:id:akooooo:20170618231533j:plain

切って、煮出して、布を結わいて、色付け

f:id:akooooo:20170618231624j:plain

どんな模様になるのか完成が楽しみ!

f:id:akooooo:20170618232613j:plain

【畑作り】

f:id:akooooo:20170618232741j:plain

根っこを掘って、耕して、区画を作って

f:id:akooooo:20170618232845j:plain

看板立てたら完成!

f:id:akooooo:20170618233134j:plain

美味しい安納芋になりますように…☆

f:id:akooooo:20170619000102j:plain

大切な看板の足
重要任務ご苦労さまです!

 

お昼にはお料理好きの女の子たちが

せっせかと焼きそばを作ってくれました

f:id:akooooo:20170618233326j:plain

なんだかママたちも嬉しそう♪

f:id:akooooo:20170618235145j:plain

午後に向けて充電完了です!

 

お腹を満たしてからは【甑の穴】へ移動し、リフレッシュTIME!

島在住でヨガインストラクターの資格を持つをあいさんが来てくださり

みなさんに癒しの時間を提供してくれました

f:id:akooooo:20170618233711j:plain 

f:id:akooooo:20170618233812j:plain

 “最高でした!”と大人のみなさま

緑溢れる気持ち良い木漏れ日の中

鳥のさえずりを聞きながら

時に子どもの泣き声を聞きながら(笑)

心身ともにリラックス出来たら

それはもう贅沢な時間ですよね

 f:id:akooooo:20170619002638j:plain

これだけ見たら筋トレ?笑

またやりたいですね!

(次回は私も一緒に~)

 

そんな横で子どもたちは

f:id:akooooo:20170618234108j:plain

泣いたり、笑ったり、色々なこと発見したり

f:id:akooooo:20170618234503j:plain

元気いっぱい遊びながら

感じること、たくさんあったようです

 

ほぐれた身体を

温泉に浸かってさらにリフレッシュ

さっぱりした後

みんなでワイワイ炊事と夕食の時間を迎えました

f:id:akooooo:20170618234736j:plain 

夜はしっぽり大人の語り場

f:id:akooooo:20170618235034j:plain

日付が変わってからも語らい合っていましたよ

 

二日目は朝から冷たい雨

ちょうど同じ期間で同じ場所にいた建築士のだいちゃんが

一緒にプログラムに加わり

流木を使ったプチモノ創りのお手伝いをしてくれました

f:id:akooooo:20170618235650j:plain

トンカチ、バーナー等にもチャレンジしながら

f:id:akooooo:20170618235735j:plain

各々オリジナリティ溢れた素敵な作品が完成していましたよ

f:id:akooooo:20170618235936j:plain

 

同じ目的に向かって、誰かと何かを共にする非日常的な時間

 

初日夜の振り返りの時間で

“いやだった・つまらなかった”と知らせてくれつつも

後に続けて、“楽しかった!”と発してくれる子どもたちの姿を見て

私自身も学ぶことが多くありました

 

これだからキャンプはやめられない笑 

 

キャンプというツールのもと

今回、島で出会い

同じ時間を共有できた4家族のみなさまに感謝します

ありがとうございました!

f:id:akooooo:20170619003119j:plain

今回の出逢いを繋がりに

ぜひまた島に遊びにいらしてくださいね^^

 

小林あゆみ(あこ) 

旅館業営業許可!!

【ご報告&お願い】

4月頭から
島内外、
老若男女、
多ジャンル、
様々な方々にご協力いただき少しずつ育ててもらってきた、
「三宅島ゲストハウス 島家(しまや)」
が、ついに旅館業営業の許可をいただきました!
長かった~。
飲食店営業の許可も、交付待ちです。

f:id:atisland:20170619162536j:image
まだまだ細々とはやるべきことが多いのですが、取り急ぎご報告です。

HPはなかなか手がまわらず遅れていますが、ただいま作成中です。

7月1日openとしておりますので、その後の予約はとりいそぎ電話、メッセージ等でお受けしますので、ご興味持たれました方はぜひご連絡ください(^^)

概要は以下です。
※多少の変更の可能性はあります。

「三宅島ゲストハウス 島家(しまや)」
◎住所 
〒100-1212 東京都三宅島三宅村阿古2117-1
バス亭「二島(にしま)」徒歩0分 

◎電話番号
 080-4477-1250(オーナー直通)

◎E-mail itosho1223@gmail.com(とりいそぎのものです。)

◎部屋(3部屋)
・個室(定員3名)
1名利用6,000円
2名利用9,000円
3名利用12,000円
・女性ドミトリー(定員4名)
4,000円/泊
・男女ドミトリー(定員8名)
3,800円 /泊
・全室貸し切り利用(定員15名)
50,000円
・リピーター、長期割引きあり。
f:id:atisland:20170619162637j:image

◎施設・設備
・お風呂1つ
・シャワールーム1つ
・トイレ大3(ウォシュレット完備)、小1
・洗面3
・ドライヤー2
f:id:atisland:20170619162720j:image

◎レンタル
・レンタルキッチン(8:00~19:00)
の間でカウンターキッチンを、ルール遵守のもと使用可。
※値段検討中
・テント、寝袋、BBQセットのレンタルも準備中。
f:id:atisland:20170619162815j:image


【お願い】ですが、
島内の方で以下のものを譲ってくださる、安価に売ってくださる方を探しています。
改修の費用が膨らんで苦しいのもありますし、蘇り(リバイバル)がこの改修の主旨でもあるので、
ご協力よろしくお願いいたします!
・冷蔵庫(サブのものなので小さくても可)
・電子レンジ(サブのものなので小さくても可)
・乾燥機
・丸ちゃぶ台
・イス類

ご協力よろしくお願いします(^_^)

By いとーまん

次世代のリーダー

日曜日の昼下がり、

DIYキャンプを終えてゲストハウスで片付けをしていると、

なにやら騒がしい声が。

 

寺子屋キャンプ皆勤賞の、双子ちゃんたち登場。

f:id:atisland:20170613161915j:plain

 

ゲストハウスの改修を手伝いに来てくれました。

f:id:atisland:20170613162046j:plain

島家の立て看板を、廃材を使って作っています。

f:id:atisland:20170613162220j:plain

結構かっこいい、味のある作品ができました!

三本岳もクール!

 


f:id:atisland:20170614124949j:image

ホットサンドのメニューを勝手に作成。笑

飲食の許可も申請中なので、商品化の可能性ありです!


f:id:atisland:20170614124918j:image

手洗い場に、

バイキンマン、やっつけろ」看板。

このセンスは子供にしかないよなぁ〜。

 

 

その他2段ベッドのWAXがけも頑張ってくれました。

 

 

彼らは学童にも入らず、自分たちで面白いことを見つけ、

熱中し、飽きて、次の面白いことを探しています。

自由で子どもらしくて、自分たちでしっかり物事を考えられる。

f:id:atisland:20170613162353j:plain

寺子屋キャンプのリーダーになるのは間違いないですが、

三宅島のリーダーにもなるではないでしょうか。

将来が楽しみだ。

 

僕らも、面白い刺激の一つになり続けていきたいぁ。

 

By いとーまん

 

 

島フォトキャンプ募集開始!!!

島の夏

とにかくアツくて最高です!

 

そんな夏真っ盛りの8月初旬

島の様々なスポットに目を向けた

『島フォトキャンプ』を開催

 f:id:atisland:20170621183329j:plainf:id:atisland:20170621183504j:plain

 

島フォトキャンプ申し込みフォーム

 

真っ青な空の下

太陽に照らされ輝く海

木漏れ日の中から感じる

心地よさ

島ならではの美味しい食材

 

そしてなんと言っても

今回の目玉は同日から開催される二年に一度の大祭

三宅島“富賀大祭”を見物できるチャンス!!

 

宿泊は想いがたくさん宿り、OPENほやほやの

『ゲストハウス島家』を貸し切りで!!!

 

さらに、キャンプ中撮影した写真を開催中の

“2017三宅島フォトコンテスト”に応募しませんか?

 

何はともあれ

最高の夏の想い出を

共に味わいたい仲間募集中!

 

申し込みフォームはこちらから↓

docs.google.com

 

担当:小林あゆみ (あこ)

【三宅島DIYキャンプ~縁側創りプロジェクト~】

一泊二日

キャンプという名の濃ゆい合宿が終わりました

 

今回の作業では新しい角材を使用するのではなく、改修の中で出てきた古材やいらなくなって頂いた廃材をリバイバルして創り上げていきました

 

一つのモノを創り上げていくことって大変かもしれない

けれどそれ以上に心にしっかりと残り

受け継がれていく物語が深いモノである

 

プロジェクトを通して改めて強く感じました

そんなキャンプの日々を写真とともにダイジェスト!

 

テーマ

15名の仲間と駆け抜けた青春物語~

 

f:id:akooooo:20170612171815j:plain

初対面の仲間が多かった今回のキャンプ

ネイチャー要素を取り入れたアイスブレイクを通して緊張を解していきます

f:id:akooooo:20170612171647j:plain

言葉を通して、アイコンタクトで、心を通わせて

様々なアクションを共有する中で、自然と笑顔が増えていきます

この後の作業を一緒に行うバディも結成し、いざ現場へ

f:id:akooooo:20170612171734j:plain 

ゲスト講師でもあるならちゃんから全体の流れを聞き、実際に製作に移っていきました

今回は1メートルの可動式ベンチを五つ作製し、全部を横並びに繋ぎ合わせて一つの縁側にしていきます

 

①木材の墨付け・鋸で材をカット

f:id:akooooo:20170612171941j:plain

f:id:akooooo:20170612172014j:plain

②ステイン塗装

f:id:akooooo:20170612172046j:plain

f:id:akooooo:20170612172125j:plain

③脚に墨付け

f:id:akooooo:20170612172527j:plain

④木材に下穴空け・ビス打ち

f:id:akooooo:20170612172616j:plain

⑤脚部に補強用の木材をビス打ち

f:id:akooooo:20170612173110j:plain

⑥下地の合板をビス打ち

f:id:akooooo:20170612173219j:plain

⑦ジグソーで波型カット

f:id:akooooo:20170612173813j:plain

練習してから本番!

f:id:akooooo:20170612173856j:plain

⑧ステイン補修

f:id:akooooo:20170612174022j:plain

完成

 

1日で終わるかな?と思っていた作業も2日間みっちりと行うことに

けれど誰一人欠けることなく

バディと力を合わせて、仲間と助け合って、全員で完成を迎えることができました

 

一つ一つの縁側が仕上がっていくごとに嬉しさを感じ

五つ全ての縁側が完成し、繋ぎ合わせた時の嬉しさは格別です

 

「これね、私が作ったんだよ」って

ついつい言いたくなっちゃうくらい(たくさん自慢してね😊)

物凄く素敵で、味のある縁側です

 f:id:akooooo:20170612174056j:plain

これから何十、何百人の方がこの縁側に腰を下ろし、微笑み合うのかな

と思うと、想像するだけで感慨深い

 

参加してくれた10名の仲間に

最大限の力を貸してくれたならちゃんに感謝!

今度はゆっくり笑

この縁側に座ってお茶でも飲みながらお話しようね

本当にありがとう。

 

もう一つ

今回はキャンプの中で、絶品カレーが登場

スパイスを使用した島カレーをわかちゃんが一緒に作ってくれました

f:id:akooooo:20170612175222j:plain

途中、漁師のゴロウさんからお魚の差し入れもいただき、カレーの食材として大活躍

f:id:akooooo:20170612175441j:plain

f:id:akooooo:20170612174238j:plain

夜の時間には島民の方も来てくださり、賑やかな時間に

f:id:akooooo:20170612174315j:plain

温かい照明の下、美味しいご飯と共に会話も笑顔も弾んでいました

f:id:akooooo:20170612175518j:plain

ふと端からみなさんのそんな姿を見た時に

一人ジーンと来ていたのは内緒。笑

 

一緒に作ってくれたわかちゃん

来てくださった島民の方々

ありがとうございました

 

多くの方にご協力をいただき、怪我なく無事に終了したDIYキャンプ

新たな味がゲストハウス島家に加わり

想いが宿りました

 

またいつでも遊びに戻ってきてね!

 

感謝を込めて

 

By あこ

f:id:akooooo:20170612180247j:plain

DIYキャンプ始まります!

オープンまで一か月を切りました

三宅島ゲストハウス島家

 

増築が終わり

内装が進み

ベッドの組み立てを着々と

 

大きな部分がカタチとなり

全体像が見えてきています

 

残りの期間は細かなところにも目を向けて

微調整

ここもとっても重要で大切

 

これまで関わってくださっているみなさまと

新たに力を貸してくださる方々と

一つひとつを丁寧に慎重に

進むのみ!

 

 

さて、そんな今日から二日間は

三宅島DIYキャンプ~ゲストハウス縁側プロジェクト~

と題し

本土から10名の仲間が加わり

ゲストハウスの縁側に新たな作品が加わります

 

f:id:akooooo:20170610072848j:plain 

居ても立ってもいられない!と

昨日からは5名の仲間が遊びに来てくれていました

 

 

今回のプロジェクトを全面的に協力してくれているならちゃん

木材・古材を確認しながら

みなさんが作業しやすいように準備をしてくれました

 f:id:akooooo:20170610071013j:plain

 

その相方わかちゃん

スパイスを使用した島オリジナルのカレーをみなさんと一緒に作り振舞ってくれます

バスマティ米を差し入れてくれました

f:id:akooooo:20170610071134j:plain

 

せっかく島に来るならば一周したい!!と

自転車にまたがり1.5周もしてきたもこちゃん

パワー全開です

f:id:akooooo:20170610071320j:plain

 

早く来たくてウズウズ

何度か島に遊びに来てくれているいそは急きょ前入りを決定!

ベッドスペースに大興奮笑 

 f:id:akooooo:20170610071418j:plain

 

今回もたっくんは鍼灸師としての技を

キャンプ中のオプションプログラムとして組み込んでくれます

 何やら新アイテムを作成中

f:id:akooooo:20170610071540j:plain

 

実は5日前から島に来ていて

面白そうなことやっていっるなぁ~と毎日作業の手伝いをしてくれていた

りんたろうさん

f:id:akooooo:20170610072112j:plain

今はニュージーランドで星空ガイドという

なんという素敵な肩書き

 

以前は三宅でも暮らしていたこともあり

朝から晩まで色々なところに出かけていました

f:id:akooooo:20170610071657j:plain

ベッド4号機も一緒に作成!

f:id:akooooo:20170610072244j:plain

手形も刻んでくれてかっこよく去っていきました

りんたろうさん、ありがとう!

 

 

そして今朝の船で新たな仲間が加わりました

この後、島民も加わりいよいよキャンプが始まります

 

f:id:akooooo:20170610072353j:plain

 

それぞれの個性が掛け合わされ

どんな空間が創り上げられていくのか

 

ちょっぴりドキドキしているあこでした

f:id:akooooo:20170610072426j:plain

プライベートBBQにて

私もキッチンデビュー戦笑

 

小林あゆみ(あこ)